PCB廃棄物処理のご提案

  • 低濃度PCB廃棄物処理のご提案
  • 照明器具全数調査のご提案
  • PCB使用安定器分別調査のご提案

低濃度PCB廃棄物処理のご提案

微量PCB廃棄物の現状

微量PCB(ポリ塩化ビフェニル)汚染廃電気機器等(以下「微量PCB廃棄物という」)については、平成13年のPCB廃棄物特別措置法の制定により、2027年3月31日までに処理しなければならないと法律により義務付けられました。

しかし、現在分かっているだけで微量PCBに汚染されているトランス・コンデンサ等が約160万台、OFケーブルが1,400km、再生油柱上トランスが約382万台(電力会社が処理)と膨大な量になっており、法律の期限までに処理を終えることができるか難しい状況になっています。

更には、微量PCB廃棄物を処理可能な施設は全国に数えるほどしかなく、また施設毎に処理ができる内容が異なるため、排出事業者様にとってはどの施設にどうやって処理を委託すれば良いか分かりにくいという問題があります。

 

 

 

収集運搬のご提案

許可車両

車種:4t平ボディ

最大積載量:3,500㎏

特徴:パワーゲート付き

許可車両

 

産業廃棄物の運搬実績
  • 石尾産業は西武百貨店渋谷店創業時から百貨店に常駐し、多種多様な廃棄物の運搬実績を持つ。
  • 重量物運搬、液体物運搬の実績多数。
  • 都内中心部に駐車基地があり、効率的な運搬が可能。

 

グループ企業
[アースサポート(株)]の実績
  • PCB廃棄物処理コンサル事業で官民問わず取引実績を持つ。
  • 第三者の立場から、コンプライアンス管理、価格交渉、複雑な作業手配を実施。
  • 全国の廃棄物処理事業者とネットワークを活かした提案が可能。

 

 

 

収集運搬~処分までの流れ

① 現地調査・ヒアリング

保管している廃棄物の状態、場所、量から最適な搬出方法と処分場を決定

② 御見積

ヒアリングを踏まえて、運搬方法と処分方法のご提案

③ 契約締結

収集運搬委託契約・処分委託契約等の各種書類整備もサポート

④ 作業実施

処分場まで安全に運搬致します。マニフェストの扱いや処理後に必要な手続きもサポート

収集から処分まで
一貫対応

処理対象物にあった
最適な処分場を選定

照明器具全数調査のご提案

PCB使用安定器が残っている!?

●PCB漏洩事故

製造から40年以上が経過するPCB使用安定器は、劣化して破裂し、PCBが漏洩する事故が毎年の様に発生しています。

一度調査してPCB使用安定器が存在しないとされた建物でも発生しています。

PCB漏洩事故

・サンプル調査で済ませていた?

一部の安定器を確認し、他は同じ器具との事で未確認。

 

・別の建屋から移動してきた?

故障等で古い建屋にあった使用頻度の少ない安定器を移設した。

 

 

 

PCB使用安定器発見事例

●水銀灯安定器のみ取り残し

製造工場にて、天井照明として使用されていた水銀灯本体は取り外されていた。しかし天井梁に安定器のみ取り残されており、確認の結果PCB含有機器である事を確認。

PCB漏洩事故

 

●天井裏に古い照明器具を発見

部屋の照明器具配置的に本来照明器具がある場所に照明がなかった為確認を行った結果、天井裏に古い照明器具が隠されており、残地安定器がPCB含有機器である事を確認。

PCB漏洩事故

 

 

 

照明器具全数調査の調査対象

●確認事項

照明器具全数調査の調査対象

 

 

 

PCB使用安定器 全数調査

当社ではお客様の社屋、工場、倉庫等にPCB使用安定器が残っていないか、使用中・未使用器具を含めてすべての器具を確認する全数調査のご提案を行っています。

 

●全数調査のメリット
  • もしもの漏洩による健康被害の防止
  • PCB使用安定器の期限内処分の推進
  • 確認作業の負担軽減
  • 全数調査による調査結果資料の提供

PCB処分についてもご相談下さい

全数調査のメリット全数調査のメリット

 

 

 

全数調査の流れ

①照明器具取り外し
2人1組で実施

全数調査の流れ

②日付・現場名・部屋番号等記入

全数調査の流れ

③安定器全体の写真撮影

全数調査の流れ

④安定器個別名盤情報撮影

全数調査の流れ

⑤写真データからリストに記入

全数調査の流れ

⑥照明器具を元に戻す

全数調査の流れ

調査結果を元に報告書を作成します

PCB使用安定器分別調査のご提案

※保管されている安定器の内容によって費用削減ができない場合がございます

安定器分別によるコスト削減例①

PCB安定器と非PCB安定器を分別することで大幅にコスト削減が見込めます。

 

  PCB 非PCB
蛍光灯安定器
3kg×100
70 30
水銀灯安定器
4kg×100
60 40
総計 130 70

 

コスト削減

※安定器類がそれぞれ100個あった場合

※処理費 30,240円 / kg(税込)

分別前処理費用 分別後処理費用
100個×3kg×30,240円 70個×3kg×30,240円
100個×4kg×30,240円 60個×4kg×30,240円
21,168,000 13,608,000

分別することで7,560,000円の処理費用削減が見込めます。

 

 

 

安定器分別によるコスト削減例②

蛍光灯安定器を115個保管されていたお客様

保管荷姿:オープンドラム

安定期重量:115台×2kg=230kg

ドラム缶重量:20kg 合計250kg

当初想定処理コスト

250kg×30,240円=7,560,000円

 

分別調査で非PCB含有安定器を25台確認(2kg×25台=50kg)

50kg×30,240円=1,512,000円のコスト削減

 

コスト削減

ドラム缶1本程度の数量でも大幅なコスト削減が見込める可能性があります。

 

 

 

分別作業の流れ

①保管場所より運び出し

分別作業の流れ

②分別前重量を計量・記録

分別作業の流れ

③安定器をドラムより取り出し

分別作業の流れ

④メーカー・種類毎に並び替え

分別作業の流れ

⑤PCB含有の有無を確認

分別作業の流れ

⑥PCB含有の有無毎に容器に戻し、計量・記録後、再度保管

分別作業の流れ

調査結果より各種報告書作成・荷姿登録を行います。

JPTA